江戸前鮨

握り鮨が誕生したのは、今からおよそ200年前、文政の時代に遡ります。
当時の握り鮨は今よりずっと大きく、酢飯は握り飯ほどあり、また、初めは売り歩きのスタイルが主流で、次第に屋台や内店を構える店が増え、その場で食べたり、家に持ち帰るなど、手軽な庶民食として、江戸の人々に愛されていました。

江戸前鮨

「江戸前」とは、もともと江戸の町の目前に広がる海(東京湾)のことを指しています。当時の東京湾は魚の種類やその量ともに豊かな海でしたが、冷蔵庫の無い時代には、傷みやすい魚の扱いにも悩まされていました。 そんな中、当時の職人達は、「〆る、煮る、漬ける、焼く」などといった仕事を魚に施し、保存性を高め、その旨さを引き出す技術を発展させてきました。
そして、そうした魚に施す手当ては 「江戸前の仕事」と呼ばれ、代々その技と精神を受け継ぐ職人達によって、老舗を中心に、現代にも伝えられてきています。

当店では、そうした技術を基本としながら、現在の冷蔵技術・流通事情に合わせて、個々の魚の状態に合わせた手当てを施した魚も用意しております。
中にはなじみの薄いお鮨もあるかと存じますが、是非一度、お召し上がり頂けましたら幸いです。

旬のおまかせ握り

※表示価格は全て税込み価格です

ページの先頭へ戻る