料理

料理

目に美しく、ふれて優しく、香り高く、きこえ心地よく、舌に美味しい

日本料理・和食の奥は深いです。
使われる食材は幾千にも上り、その調理法も多岐にわたります。
そして、古来より人々の生活に根付いて発展してきた、その背景は果てしなく深く、その周りには、日本の伝統文化や伝統行事、茶道や華道、絵画や陶磁器といった、取り巻く様々な要素が複合的に折り重なって、一つのお皿に表現されるものであるとも思っています。

私はまだ、その一端に触れているだけで、多くの先達に及ぶべきところもありません。

しかしながら、一つだけ、常に意識すること。

それは、五感に訴えかけられる料理である事です。

春夏秋冬、季節の移ろいの中で、春に華やぐ山々の色彩、暑い夏に感じる清涼な川の冷たさ、五穀豊穣の秋の香り、そして深い雪に覆われる冬の静けさ。
4つの感覚を最後に舌で味わって頂く。
そんな理想を追い求めています。

新鮮で多様な魚介類に地元飛騨で採れる地野菜を組み合わせた、鮨店だからこそできる料理。
一度お楽しみ下さい。

一品料理は季節や仕入れ状況によりかわります。
最新情報をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る